お礼状の書き方と例文/文例

お礼状
近頃は、便利なメールやラインなどを使い、お礼を伝える方も増えています。必ずしも、お礼状を書いてお礼を伝える、という決まりはないですが、上司や目上の方など、改まったときには失礼になりますので、お礼状を出すようにしましょう。

普段、メールやラインでやり取りしている相手に、お礼状を書いてみるのも新鮮でいいかもしれませんね。丁寧に書いた手書きの文字は、気持ちのこもった温かなものとなりますので、きっと喜んでくれることでしょう。

スポンサーリンク



お礼状の基本マナー

お礼状が相手に届くまでに、どうしても2、3日は時間がかかりますから、贈り物が届いたときは、すぐにお礼状を出すようにしてくださいね。
花

お礼状が遅くなりそうなときは、その日のうちに先方に電話で届いたことをしらせましょう。相手は、品物が届いたかどうか心配しています。

遅れてお礼状を書く際、遅くなったお詫びの気持ちを書くようにします。相手に失礼にならない常識のある文章で、感謝の気持ちを伝えましょう。

また、電話でお礼を一度伝えているのに、改めてお礼状を出すと少しくどいかな?と思うのであれば、暑中見舞いや寒中見舞いのはがきに一言「○○のときには、お心遣いいただきありがとうございました」と添えて、はがきを出すのもいいかもしれませんね。

お礼状を書くときの便箋は何枚?

 目上の方に宛てる手紙や改まったときの手紙では、白無地の便箋を選び2枚以上で出すのが基本です。1枚で文面が終わってしまうときは、白紙の便箋を1枚付け2枚で出すようにします。

ですが、一度きりであってほしい弔事などの手紙のときは、2枚だと不幸が重なるという意味にとれますので1枚で出すようにします。

お礼状は、はがきと手紙のどっち?

 お礼状は、行事や出す相手によって、手紙かはがきか使い分けをします。慶弔に関するお礼状や、会社宛てのお礼状、目上の方に出すお礼状は、封書が望ましく丁寧です。

きちんとした文章であれば、はがきで出すこともいいですが、結婚式や出産祝いなど、写真入りのはがきを使ったお礼状は、受け取る相手によっては失礼になることがあります。

普段から親しくさせてもらっている方なら、上司や目上の方でも写真入りのはがきを喜んでくれると思いますが、失礼にならないように自分との関係性を考えて、手紙かはがきか使い分けするようにしましょう。

縦書き?それとも横書き?

 最近は、お礼状を横書きで書く方も多いようですが、基本的に改まった文章や弔事のときは縦書です。親しい方へ宛てるときは、横書きでもかまいませんが、目上の方へ宛てるときは、縦書きで書くのがマナーです。

書いたらダメなこととは?

 お礼状を書くときには、他の用件を一緒に伝えてはいけません。ついでのお礼ととれますから、感謝の気持ちを心から伝えることはできません。親しい友人であっても、他の用件は書かないようにしましょう。

喪中の相手へのお礼状

 お礼状は、祝い事を伝えるために書くものではなく、感謝の気持ちを伝えるために書くものなので、相手が喪中であっても出すことは失礼にはなりません。ですが、文章の書き方には注意が必要です。

・祝い事や相手の安否を尋ねる言葉
・相手の不幸を連想させる言葉
・くれぐれも、ますますなどの重ね言葉

に気をつけて、必要な事だけを書くようにしましょう。

お礼状はボールペンで書いてもいいの?

 お礼状を書くときは、毛筆や万年筆、インクペンで書くのが丁寧です。

目上の方や改まった場合に、ボールペンだと少し軽い印象になりますから、ボールペンは使用しないほうがよいでしょう。

修正ペンや修正テープで書き直ししてもいい?

 修正テープや修正ペンで間違えた文字を消してしまいがちですが、それを手抜きと感じる方もいますから、もう一度丁寧に書き直しするようにしましょう。

はじめにシャーペンや鉛筆で、薄く下書きしておくとよいでしょう。

スポンサーリンク



お礼状の書き方(構成)

 前文
1 頭語(結語とセットで使用する言葉)
2 季節の挨拶
3 相手を気遣う言葉や安否を尋ねる挨拶
4 自分の現況を知らせる言葉
5 お礼・感謝の言葉(お返しが遅くなったお詫びなど)
親しい相手に書くときは、頭語を省略してもかまいません。
 主文
本文が相手にわかりやすいように、はっきりと文章を書くようにします。
 末文
6 結びの挨拶(相手の健康や活躍を祈る言葉)
7 結語(頭語とセットで使用する言葉)
 後付
8 日付
9 差出人の名前
(結婚のときは連名で署名します。代筆する場合は、「代」「代筆」と名前の後に小さめの文字で書きます。妻が代筆した場合は、「内」と書きます。)
10 宛名(本分よりも少し大きめの文字で書きます。)
 副文
主文で書き忘れたことを追伸として書きます。
副文は重なるととれるため、一度きりであってほしいことには使用しないことがマナーです。また、上司など目上の方に宛てるときも失礼にあたります。

全文、主文、末文の書き出しは、一文字下げて書くようにします。親しい相手に書く横書きのお礼状は、頭語を省略してもかまいません。はがきの場合は、差出人の名前ははがきの表に書きます。

例:縦書きのお礼状

お礼状の縦書きの書き方例

例:横書きのお礼状

横書きのお礼状の例

封筒の書き方

 住所
縦書きで住所を書くときは漢数字を使用し、横書きするときはアラビア数字で書きます。ビルやマンション名を書くときは、住所よりも少し下げて書くようにします。
 名前
名前は住所よりも大きな文字で書きます。連名で書くときは、「本田孝良様」「恵子様」とそれぞれに敬称を付けるようにしましょう。ビジネスのときは、肩書きと敬称を付けるようにします。会社の住所でも個人に宛てるときは、社名や部署名、肩書きはいりません。

洋封筒は右封じになるように宛名を書くのが基本です。封筒の書き方は、縦書きでも横書きでもかまいませんが、弔事のときは、左封じになりますので注意してください。

例:封筒の宛名・宛先の書き方

封筒の書き方の例

例:はがきの表 宛名・宛先の書き方

はがき宛名面の書き方の例

基本的には、はがきの差出人の住所は表面に書きますが、裏面に書いても失礼にはならないようです。

行事別のお礼状の書き方

スポンサーリンク