弔事・法事(法要)のお返しマナー

葬儀

不幸やお葬式などのお悔やみごとを弔事といいますが、弔事には「法事」や「法要」があります。遺族が故人を偲んでご冥福を祈るために行う儀式「追善供養」のことを「法要」と呼びます。

「法要」と「法事」を同じものと思っていらっしゃる方も多いようですが、お経をあげてもらう儀式「追善供養」を「法要」と呼び、その後の会食までを含む後席を「法事」と呼びます。

ここでは、弔事のマナーについてまとめています。

スポンサーリンク

弔事・法事(法要)のお返しの基本

忌中と喪中の違い

 忌中(きちゅう)とは?

本来死は汚れたものという考え方で、一定期間の間、死を悼み「神社に参拝してはいけない」「お祝い事はしてはいけない」期間とされています。

日数の数え方は、関東と関西で違いがあるようで、関東では死亡日の当日から数えますが、関西では死亡日の前日から数えるようです。

仏式の忌明けの期間:四十九日までを忌中とし、その日を忌明けとする。
神式の忌明けの期間:五十日までを忌中とし、その日を忌明けとする。

昔と違って現代では、忌中を気にすることなく自分たちの都合で、結婚式などの祝い事に参加される方も増えているようです。

忌明けをしている場合は、通常通り正月を迎えてもよいですが、忌明けをしていないときは、正月飾利や年賀状は控えるようにしましょう。

 

 喪中(もちゅう)とは?

「喪服を着て身を慎む」期間のことをいい、ご冥福をお祈りするとともに、死のけがれを外に持ち出さないという期間です。昔は外出も控え祝い事はできるだけ避けるのが一般的でしたが、最近ではそのようなことは難しく、喪中とはいえ出席することもあるようです。

絶対にこうでないといけない!!という決まりは喪中期間にはないようです。故人との関係によって喪中の期間も異なります。現在では父・母・兄弟・義父母・配偶者が亡くなられたときは、ほとんどの方が喪中とするようですが、その他の場合は、喪中にする人としない人がいるようです。

一般的には、亡くなってから1年間の間(一回忌)までを、喪中期間とするようです。

法要を行う時期と内容

拝む男性

年忌法要とは、亡くなった日「命日」や、亡くなった月「祥月」に行う法要のことを年忌法要といいます。「一周忌」「三回忌」「七回忌」などを年忌法要といいます。

初七日(7日目)
二七日(14日目)
三七日(21日目)
四七日(28日目)
五七日(35日目)
六七日(42日目)
七七日(49日目)
 

人が亡くなってからこの世からあの世へと渡るのに、49日の期間がかかると仏教ではいわれており、この間を中陰といいます。閻魔さまの裁決が下るのが7日間といわれており、故人が成仏できるようにと7日間「追善供養」をします。

本来であれば、7日ごとに法要を行うものですが、初七日と四十九日に法要をし、他を省略することが今は大半です。

四十九日まで行う法要を中陰法要といい、四十九日をもって「忌明け」となり、満中陰と呼ばれます。地域により、五七日を忌明けとするところもあるようです。

百か日 ひゃっかにち(100日)

 

最近では百か日の法要は、省略されることが多いようです。悲しみから立ち直る期間が100日といわれて、泣くことから卒業するという意味から「卒哭忌」ともいわれます。

一周忌 (満1年)

 

亡くなった日から1年たった命日に行われる法要で、遺族・親族・知人などをお招きして僧侶とともに会食し、盛大に行われる法要です。亡くなられてから1年たった一周忌が、喪明けとなります。

三回忌(満2年)
七回忌(6年目)

 

三回忌は一回忌から1年しかたっていませんが、二回忌とはいわず三回忌といいます。

十七回忌(16年目)
二十三回忌(22年目)
二十七回忌(26年目)
三十三回忌(32年目)

 

これ以後は、1を引いた数が年数となります。
三回忌は、遺族や親族、知人などで法要を行い法要後に会食しますが、これ以後の法要は省略されることが多いようです。同じ年に法要が重なったときは、七回忌以降ならまとめて法要を行ってもかまいません。
仏教では三十三回忌、または五十回忌で弔い上げ(とむらいあげ)といわれ、その後の法要は行いません。

スポンサーリンク



会葬御礼品・香典返し・粗供養の違い

 会葬御礼品
香典の有無に関係なく、通夜や告別式に参列してくれた方全員にお渡しするお礼の品です。
 香典返し
香典をいただいた方へ、お礼としてお渡しするお返しの品です。
 粗供養
法事にお招きしたお客様にお配りするお礼の品物のこと、引き出物とよぶこともあります。

イラスト本来の「引き出物」の意味は、お招きした方にお土産として渡す品のことです。また「粗供養」とは、仏前にお供えしたものの「お下がり」のおすそわけという意味で、「引き出物」と「粗供養」では本来の意味が異なります。

しかし、どちらの場合もお招きした方へお持ち帰りいただく品ですので、「粗供養」を「引き出物」と呼ぶ場合もあるようです。

会葬御礼品の金額の相場はどのくらい?

 通夜や告別式に参列された方には、香典をいただいてない場合でも、返礼品として500~2,000円ほどの金額のものを、会葬礼状とともにお渡しします。

粗供用(引き出物)は僧侶にも必要なの?

 地域によって違いがあるかもしれませんが、一般的に、祖供養(引き出物)は僧侶にもお渡しするようです。
僧侶が会食までご一緒なら、当日皆さんがお供えしてくれた果物やお菓子などの「おさがり」と一緒に、粗供養をお渡しします。

商品券で香典返しをしてもいいの?

 香典返しの品は、お茶や砂糖、コーヒーやタオルなどが一般的のようですが、現代では商品券などでお返しされる方もいるようです。

最近では商品券でお返しされる方も多いため、失礼にはならないようですが、商品券でお返しをすると金額がはっきりとわかってしまいます。商品券をお渡しするのなら、お返しにカタログギフトを選ばれるとよいかもしれませんね。

また、高額の香典をいただいたときなどは、商品券と品物でお返しされてもよいでしょう。

身内への香典返しは必要なの?

 亡くなった方との関係によりますが、実の兄弟であれば香典そのものが不要ですが、亡くなられた方の配偶者の兄弟から香典をもらったら、香典返しは必要です。実の兄弟でも他家に嫁いでいらっしゃるのなら、香典返しをするようにします。

身内から香典をいただいたときは、香典返しと考えると難しくなりますから「手伝ってくれてありがとう」というお礼と考えて、お返しされるとよいのではないでしょうか。

身内であっても香典をいただいたときには、お礼の気持ちを伝えるためにもお返しするようにしたいものです。

香典返しに添える挨拶状(お礼状)は必要?

 香典返しをするときには、贈り物と一緒に挨拶状を添えるようにします。「感謝の気持ち」「法要のご報告」「直接伺うことができないお詫び」など、お世話になった方へ気持ちを伝えるようにします。

香典返しのお礼状というと、勘違いされる方も多いようですが、香典返しに添える挨拶状のことで、香典返しをいただいたことに対するお礼状ではありません。香典返しをいただいたことへのお礼は、「繰り返す」「後を引く」といわれ、基本的には不要です。

一周忌のお返しは必要なの?

 一周忌の法要においても、お返しとして粗供養(引き出物)は準備して、参列者全員にお配りします。お茶や石鹸、タオルなど、普段の生活によく使う物を選ばれる方が多いようです。

また、三回忌にも粗供養は用意します。この場合も、実用性の高い石鹸や洗剤などをお配りされる方が多いようですね。

弔事・法事(法要)のよくあるQ&A