昇進・栄転祝い・お返しのマナー

サラリーマン

昇進・栄典祝いのお返しは、基本的に不要とされていますが、部下や上司、取引先の方からお祝いをいただいたときは、今後のお付き合いもあるでしょうから、お返しされたほうがいいでしょう。

どちらの場合でも、お祝いをもらった相手には、早めにお礼状をだすようにしましょう。

スポンサーリンク

お返しの時期と金額の目安

イラストお祝いをいただいてから、すぐにお返しをしてしまうと、相手に気を使わせてしまうので、少し間をおいてからお返ししましょう。

親しい方からお祝いをもらったときは、もらってから1週間以内にお返しすることもあるようですが、一般的には栄転先に着任後、1~2週間以内の時期にお返しされるのがよいでしょう。

また、昇進・栄転祝いのお返し金額は、いただいたものの半返しから全返しが目安とされています。

昇進・栄転祝いのおすすめギフト

上司や取引先へギフトを送るなら、栄転先の土地の特産品などをギフトとして贈るのもおすすめです。上司や取引先の方へ贈るギフトは、上品で失礼のないようなものを選ぶようにしましょう。

職場の部下には、小分けの袋に入っている菓子折りなど、全員で分けて食べられるものがおすすめです。

また、家族へ贈るお返しは、キッチン用品や掃除用品など、自宅で使えるようなものが喜ばれるかもしれませんね。

 内祝い・お返しギフトの通信販売

昇進・栄転祝いにタブーとされるお返しの品

イラスト昔から目上の方へ贈りものをするとき、靴下や靴、下着などの身に着けるもの、壊れるものなどはタブーとされていましたが、現代では昔ほど気にされる方も少ないようです。

けれども、世代によっては不快に思う方もいますから、お返しする相手によって気を付けなくてはいけません。

また、金券や商品券でお返しされる方も最近は多いですが、上司や目上の方には、金額がはっきりわかってしまうためおすすめできません。贈る相手がどんな方なのか、考えた上で金券や商品券は送りましょう。

スポンサーリンク



昇進・栄転祝いのお礼状の書き方

お祝いをいただいたら、直接電話を掛けてお礼を伝えることが1番ですが、上司や取引先の場合は仕事が忙しい方もいらっしゃるので、電話することで負担をかけてしまうこともあります。

そのようなときはハガキや手紙を使って、すぐにでもお礼状を出すようにします。
花
現代では、メールを使ってお礼をいう方も多いでしょうけれど、メールでお礼をいうときには注意が必要です。

目上の方や上司、取引先の方と親しい関係にあるのなら、メールでのお礼もかまわないと思いますが、年配の方の中には、メールでのお礼を快く思わない方もいらっしゃいます。ですから、お祝いをいただいた相手との関係性をよく考えましょう。

ここでは、昇進・栄転祝いお礼状の書き方と例文を紹介しています。

 お礼状の書き方と例文集

水引の選び方と熨斗の表書き

栄転・昇進祝いのお返し熨斗

紅白蝶結びの水引を選び、熨斗の表書きは「御礼」とします。

 熨斗紙の上 書き方…「御礼」
 熨斗紙の下 書き方…「本田」(自分の名前)