内祝い・お返しの熨斗(のし)の書き方・水引の結び方

イラスト現代では熨斗(のし)は、のし袋やのし紙全体のことをいいますが、本来の熨斗や水引は、どのようなことが始まりだったのでしょうか?

このページでは、熨斗と水引きの基礎知識や、水引の種類と選び方、熨斗の表書きについて説明しています。

スポンサーリンク

熨斗(のし)とは

のし

熨斗(のし)とは、おめでたいときに贈る祝儀や贈答品に添える飾りのことをいいます。

昔の日本では野菜を中心とした食事であり、魚介類などの海産物は技術などが未発達であったため、口にすることができませんでした。

このようなことから、おめでたい日の食事には海産物が用いられ、仏事には身を清めるために、魚や肉などを食べない精進料理とされていました。

特に鮑(あわび)は、長寿をもたらす縁起のよい物とされており、鮑を薄く切り伸して干したものをお祝いの品に添えていたため、本来は「熨斗鮑」と呼ばれていました。現在では、黄色の短冊状のものを中央において、紙を折りたたんだものを熨斗(のし)としていますが、黄色の短冊部分が「熨斗鮑」を表しているのです。

折り熨斗は、折り込み方によって「真・行・草」などに分類されます。また、現代ではのしを簡略化したものも多く、直接印刷した印刷熨斗といわれる「文字のし」「松葉のし」「わらびのし」などがあります。

友人などの親しい関係の方への内祝いやお返しに、リボンを付けて贈ってもよいですが、リボンをつけるときにはのしは必要ありません。

熨斗(のし)をつけてはいけない贈り物

熨斗は本来「鮑」であることから、生ものに熨斗は付けないとされています。また、弔事では昔から「なまぐさもの」を避けるため、弔事の贈答品にも熨斗は付けません。

しかし現代では、生ものであっても熨斗をつけたり、仏教でも祝い事なら熨斗をつける場合もあるようです。

水引とは

水引
昔の日明貿易において日本に品物を輸出する際、品を区別するために紅白の紐が使用されていたのですが、これを日本側が贈答に使用するものと勘違いしたことが、水引の始まりといわれています。

水引は和紙をこより状にし、みずのりを引いて固めたことから「水引」と呼ばれ、昔の水引は白一色を使用していました。水引の白色には「神聖・清浄」という意味があります。

水引の本数

水引の色や本数は、古代中国の五行説が影響しています。宇宙に存在するすべてのものは「木・火・土・金・水」の5種類の元素からなるという考えから、すべての色も五原色からなるといわれ「赤・青・黄・白・黒」とされています。「金」は黄色、「銀」は白に通じます。

水引の色は、左側「陽」を白などの淡い色、右側「陰」を濃い色を基本としますので、金と赤を使用するときには、陽(左側)が金色、陰(右側)が赤色となるように水引を結びます。

また奇数を「陽」、偶数を「陰」として、水引の本数は5本の奇数が基本となります。3本はそれを簡単にしたもの、7本は丁寧にしたものとされていますが、9本は「苦」と通じ縁起が悪いとされているため使用されません。

婚礼では、5本の倍数の10本を用います。贅沢で華やかであることと、両家が互いに5本指と5本指を繋ぎ、手と手を取り合うという意味で、水引は10本を使います。

のしの選び方・水引の種類と結び方

蝶結び・花結び

蝶結び・花結びののし蝶結び、または花結びともいいますが、ほどけても結び直すことができるため、何度あってもよいことに使用します。

一般的なお祝いには、「紅白」の水引いを用いますが、その他にも特別なときには「金銀」などの水引も使用します。

結び切り

結び切りののし結びきりは水引がほどけないように固く結んであるため、一度であってほしいことに使用します。
水引の本数は奇数が基本ですが、婚礼の場合は10本を使用します。5本指の手と手を両家や新郎新婦が取り合うという意味や、喜びが重なるという願いが込められています。
弔事のときは、熨斗はなしで「黒白」「藍銀」の水引を使用します。

鮑結び・あわじ結び

あわじ結び・鮑結びののし鮑(あわび)結び、あわじ結びともいいますが、結び切りと同様に一度であってほしいことに使用します。

結び切りよりも複雑な結び方で強く結ばれているため、これからも末長くお付き合いをお願いします、という意味も込められています。慶事・弔事ともに使用します。

熨斗(のし)のよくあるQ&A

熨斗の必要性や書き方について、よくある疑問をまとめています。

スポンサーリンク



熨斗の表書きはボールペンで書いてもかまわない?

 最近の熨斗は印刷されているものが多いですが、本来なら心を込めて手書きで書きたいところです。のし紙やのし袋の表書きをするときは、毛筆を使って祝い事は「濃い墨」、不幸事は「薄墨」で書くことが基本ですが、筆ペン、サインペンなどを使用して表書きしてもよいでしょう。

弔事のときは「悲しみの涙が溢れて墨が薄まった」ということから薄墨を使用しますが、最近では、法事・法要などでは濃い墨を使用される方も多く、濃い墨は「故人を思って墨をしっかりとすった」という意味合いもあるようなので、どちらの場合でもマナー違反にはならないようです。

ボールペンや万年筆で書くことは、マナー違反となりますので注意してください。

赤字で「内祝い」と表書きをしてもよいの?

 地域によっては、赤字(朱色)で内祝いと熨斗に書くところもあるようです。その地域で内祝いを贈るのであれば、赤字でも問題はないでしょうけれど、黒字で書くのが一般的なので、どのような地域にお住まいの方なのか、贈る相手によって使い分けるようにしましょう。

不安なようでしたら、黒字で書いた熨斗で贈られるとよいと思います。

のしの下に書く名前は夫婦連名でもかまわない?

 のしは、何の贈り物なのかわかるようにする役目だけでなく、無事に結婚できたことや出産できたことの報告も兼ねています。

結婚や出産、開業や開店のお返しをする場合には、のしが名前のお披露目の場にもなります。晴れて夫婦となり新しい名前になったことや、新しい家族が増えたとき赤ちゃんの名前をお披露目するなど、のしに姓名や会社名を書いて皆様に報告します。

結婚内祝いでは、無事に結婚でき新姓になった報告も兼ねていますので、夫婦連名で贈られる方が多いですが、一般的なお祝いのお返しには、のしの下の書き方は「世帯主の名前」「姓」を入れる方が大半です。

喪中の相手に贈る場合、熨斗は何と書く?

 お祝いをいただいた相手が喪中であっても、内祝いはお祝いをいただいたお礼ですので、喪中の時期にお返しをしていもマナー違反にはならないようです。

しかし、先方は忙しくばたばたしていますので、四十九日の忌明け後に贈るように心遣いをしましょう。のしの表書きは「内祝」としてもかまいませんが、気になる方は「御礼」として贈りましょう

品物が2つ贈るとき、熨斗はどうする?

 弔事では「不幸が重なる」とされ、のしは1つといわれています。
お金または、金券と品物を贈るときは、お金・金券の方にのしをつけます。また品物を2つ贈る場合には、高価な品にのしをけるようにします。

祝い事では「喜びが重なる」といわれ、品物すべてにのしをつけてもかまわないようですが、わずらわしく思われるのなら、のしを1つにされてもかまいません。

お返しの金額が少額でも熨斗は必要?

 出産内祝い、結婚内祝い、開業祝いのお返しには、のしが名前のお披露目の場になりますので、少額の内祝いやお返しの場合でも、のしに新姓や命名、会社名を書いて贈られるとよいです。

のしをつけない場合は、贈る相手に何の贈り物であるのか、はっきりわかるようにして贈るようにしましょう。

内祝いの時期が遅れたら熨斗の表書きはどうする?

 内祝いの時期を逃してしまったときや、遅れていお祝いをいただいたときのお返しは、のしの表書きを「御礼」として贈るようにします。
「御礼」とのしに書いて、出産のお返しならのしの名前は「子供の名前」、結婚のお返しなら「夫婦連名」の名前を書いて贈るようにします。

のし紙の掛け方・裏側

のし紙は、慶事と弔事で掛け方に違いがあります。品物の頭が上にくるように置いた場合、のし紙の裏は「慶事では右が上側」「弔事では左が上側」となります。

のしを掛けるとき品物の上下を置き間違えると、慶事と弔事の熨斗の掛け方が逆になりますので注意が必要です。中央にのし紙が重なるようにしますが、のし紙が長い場合は折り込んだりカットして止めます。

内のし・外のしとは

品物にのし紙を掛けて上から包装紙で包むことを「内のし」といい、包装紙で品物を包んだ上から熨斗を掛けることを「外のし」といいます。

お返しの品物のしの掛け方は、どちらであってもマナー違反にはなりませんが、品物の送り方によって使い分けます。

本来なら、相手に何の贈りものなのかはっきりとわかるように「外のし」の方がよいのでしょうけれど、配送する場合に「外のし」されると、のし紙が汚れたり破れたりすることがあります。このようなときには「内のし」にして、お返しするようにします。

またダンボールなどが大きすぎて、「内のし」にしたいけれど全体を包装紙で包みきれない場合は、のしが汚れたり破けたりしないように、その部分を包んでから贈るようにしましょう。

行事別の熨斗の表書き

スポンサーリンク