内祝い・お返しギフト選びの常識・非常識

イラスト日本には、古くから品物や現金などを贈る風習がありますが、この習慣によって人と人との繋がりや人間関係を、上手く運ぶことができます。

どんなに心をこめて内祝いやお返しギフトを選んでも、もらった相手が不愉快な思いをしては何の意味もありません。どんなシーンでも相手に配慮して、喜ばれる内祝いやお返しの選び方をしてくださいね。

スポンサーリンク

内祝い・お返しの選び方

贈り物には昔からタブーとされているものや、縁起の悪いものがあります。また、相手と自分との関係性によっても、何を贈るのか品物の選び方には注意が必要です。ここでは、内祝いやお返しの選び方を紹介しています。

お金・商品券・ギフト券で内祝いを贈ること

商品券
現金で内祝いやお返しをするのはマナー違反ですが、商品券やギフトカードでお返しすることに対して、みんなはどう思っているのでしょうか?

カタログギフトのリンベルのアンケート調査で、内祝いやお返しに商品券やギフトカードをもらったことがあると答えた人は、約20%という結果でした。また、そのうちの70%の人が「商品券やギフト券は失礼ではないと思う」と答えています。

もらった人は、「実用的だし自分の好きなものを買えるので嬉しい!」という意見でしたが、もし自分が贈る立場になったら金額がはっきりわかるので、ギフトを贈るからもしれない!という方も多くいたようです。

そのようなときは、内祝いやお返しにカタログギフトを選ぶのもよいかもしれません。商品券は、贈る相手に注意をしてくださいね。

また、「商品券の使いまわしをしてもよいのか?」という意見もあったようです。

百貨店などで商品券を購入すると包装がきちんとされていますが、使いまわしの商品券を利用すると、包装の仕方などからも使いまわしと相手に分かってしまいます。

そのようなものを自分がもし受け取ったとしたらどうでしょう。どんなに仲がよい相手であっても、気持ちのよいものではないですよね。

兄弟姉妹だから、気を使わない相手だから使いまわしをするかも!という意見もあるようですが、やっぱりきちんとしたかたちで感謝の気持ちを伝えたいものです。

上司・目上の人・年配の人に文房具を贈ること

内祝い

文房具や時計、カバンなどは「精進しなさい・一生懸命励みなさい」、履物は「踏みつける」という意味にも取れるので、上司や目上の方には失礼になります。また、ベルトも「腹を据えて仕事をしなさい」衣類は「生活に困っている」という意味にとれます。

最近ではおしゃれな文房具も多く販売されていますので、どうしても上司などに贈りたいときは、メッセージカードに「失礼かと思いますが、珍しい○○で使っていただいたくて」などと、一言添えるようにして贈りましょう。

内祝いに悩んだときにおすすめするもの

カタログギフト
内祝いやお返しギフトに、何を選べはよいのか悩んだときは、カタログギフトもおすすめです。慶事や弔事のお返しにも、多くの方が利用されています。

カタログギフトは、年齢層を気にすることなく幅広く利用できますし、たくさんある商品の中から欲しいものを選んでもらえるので、もらって困ったということがありませんね。

内祝い・お返しにお米をおくってもいいの?

現代では、お米を内祝いや香典返しに選ばれる方も多いようです。お米は毎日食べるものですし、食卓にはかならずあります。出産内祝いなどでは、赤ちゃんと同じ体重のお米が入ったギフトも、今頃は人気があるようです。

スポンサーリンク



お祝いにはタブーとされているお返し

 日本茶

日本茶

日本茶は、弔事に使用されることが多いので、祝い事の贈り物にはタブーとされています。しかしお茶を、結納品の一つとする地域もあるようです。

お茶の木は植え替えが難しいので、結婚のときなどには、嫁ぎ先にしっかり根ずくようにという意味を込めて、お祝いの席に利用する地域もあります。贈る相手を考えて、お茶は選ぶようにしましょう。

 

 ハンカチ

ハンカチ

ハンカチは手巾(てぎれ)と漢字で表すため、縁をきるという意味にもとれます。これはごろ合わせなので、そこまで気にすることはありません。

かわいいおしゃれなものもが多い現代は、ハンカチを贈ってみるのもよいと思います。しかし、白い平織のハンカチは、弔事のときに遺体の顔にかけることから、避けたいものです。

 

 くし

くし

櫛(くし)は、苦や死を思い浮かべるもの、歯が欠けるものなので、縁起が悪いものとされています。

 

 生もの

生もの

生ものは相手に届いたときに、腐っていたりする可能性もあります。できるだけ内祝いやお返しには、避けたい贈り物ですが、現代では、気にせず生ものをギフトに選ぶ方もいます。

弔事でタブーとされている贈り物

内祝いや祝い事のお返しと同じく、商品券や金券はなるべく避けたいものです。贈った相手に金額がはっきりとわかる商品券や金券は、今後のお付き合いを考えるとあまりおすすめできません。
イラスト

また、古くからタブーとされている品物は、四足の生臭いものは避けられてきました。結婚式などには、縁起物の鰹節などがよく使われますが、弔事では、ふさわしくないとされています。肉・魚・お酒などはタブーのお返しの品です。

置物や記念品などは後に残るので、悲しみを引きずるとされていましたが、現代では贈られるところもあるようです。地域によって違いがあるので、悩んだり迷ったりしたときは両親などに相談するようにしましょう。

内祝い・お返しの購入場所

スーパーやデパートなどでも、慶事や弔事のお返しギフトは販売しています。インターネットの通信販売などでは、店舗で販売されていないネット限定の商品や、オリジナル商品が購入できます。

通信販売などは珍しいものや品数が豊富なので、贈る年代や金額によってギフト選びが簡単にできるかもしれません。通販ショップでも、熨斗やメッセージカード、ラッピングなどのサービスも充実しているので、利用されてもよいかもしれませんね。

行事別の内祝い・お返しギフトの選び方

スポンサーリンク