初誕生日の内祝い・お返しマナー

初誕生日
昔は赤ちゃんの死亡率が高く、赤ちゃんが産まれてから無地に1年を迎えたことは、とても喜ばしいことでした。そのため、子供の満1歳の誕生日には、親戚などを招き盛大なお祝いをしていました。日本では、この初誕生日のお祝いの日に「誕生餅」をついて、成長を祝うという風習が昔からありました。

現代でも地域によっては、赤ちゃんに餅を踏ませる「餅踏み」、餅を背負わせる「背負餅」など、「立餅」「転ばせ餅」「一生餅」などとといった、餅を使ってお祝いをするところもあります。

「子供が長生きできますように」「食べ物に一生困りませんように」という願いが込められたお祝いで、現代の初誕生日のお祝いはロウソク1本をケーキに立てて、にぎやかにパーティーをする家族も多いのです。

「祝い餅」は和菓子屋さんなどに販売されていますので、初誕生日のお祝いに利用されてもよいですね。

スポンサーリンク

初誕生日祝いの内祝い・お返し

初誕生日のお祝いをいただいたとき、お返しは基本的には不要です。

子供の1歳の誕生日パーティーに招いて、一緒に会食することがお返しのかわりとなります。このとき内祝いをしないことが気になる方は、手土産などを準備して帰りにお渡しされるのもよいでしょう。

初誕生日のお祝いをいただいたけど招待できなかった方には、お返しをするようにします。報告を兼ねたお礼状を添えると、感謝の気持ちがより伝わります。両親などの身内にお礼状をおくるときは、写真も一緒に同封されると喜ばれます。

初誕生日祝いと出産祝いを一緒にもらったとき

初誕生日のお返しは基本的には不要ですが、出産祝いをもらったときにはお返しが必要です。同時にお祝いをもらったときは、お返しをするようにしましょう。

内祝い・お返しの時期と金額の相場

自宅に人を招いて初誕生日のお祝いをした場合、手土産として内祝いを用意するのなら渡す時期は当日です。お祝いをいただいたけれど遠方でこれない方には、お祝いをいただいた日からなるべく早く、お返しをするようにしましょう。

初誕生日祝いと、出産祝いをまとめてもらったときも、お返しする時期はお祝いをもらった日から、なるべく早めにお返しを贈ります。このとき、初誕生日のお返し金額の相場は、1/3~半返しが目安のようです。
クローバー

ご両親などから高額なお祝いをいただいた場合は、お返しの金額にこだわるよりも、子供の記念となるものをお礼として渡されると喜ばれることでしょう。

都合でお返しが遅れるのであれば、先にお祝いが届いたお礼を、電話やお礼状で伝えるようにします。

そしてお返しを贈るときには、遅くなったお詫びをきちんとすることで感謝の気持ちが伝わりますので一言添えるようにしましょう。

水引の選び方と熨斗の表書き

初誕生日の熨斗の表書き

熨斗紙は、紅白の蝶結びの水引を選びます。熨斗紙の下は、赤ちゃんの名前になります。

 のし紙の上 書き方
「内祝」「御礼」
 のし紙の下 書き方
「春菜」(赤ちゃんの名前)

初誕生日祝いにおすすめのお返しギフト

写真立てアルバム

画像出典:高島屋オンラインストア

初誕生日に両親からお祝いをいただいたときは、記念に残るギフトが喜ばれることでしょう。写真立てやアルバム、名入りの食器やコップ、お酒などに名入れしたものなどがおすすめです。部屋に飾って楽しめるものもおすすめです。

親戚の方へ贈る内祝いには、名入れのお菓子などが人気です。名入りギフトは印象にのこりますし、お菓子なら消えてなくなるのでで、もらった側も迷惑にはならないですよね。

名入れギフトは、贈る相手によって処分に困ったり迷惑になることがあるので、内祝いを贈る相手をよく知って、ギフトを選ぶようにしましょう。

お礼状の書き方と文例集

初誕生のお祝いをもらったときの、お礼状の書き方と例文を紹介しています。お祝いに関する具体的な感想と、感謝の気持ちを述べましょう。

 お礼状の書き方と文例集