入園・入学祝いのお礼状の書き方と文例/例文

手紙を書く子供

入園・入学祝いのお礼状を書くときには、いただいたお金の使い道や、いただいた物のへの感想を素直に表すと、相手も嬉しいことでしょう。

また、両親から幼稚園・保育園・小学校の入学祝をいただいたときは、お礼状と一緒に子供の写真や絵、手紙を同封しても喜ばれます。

友人などの親しい間柄の方なら、写真付はがきでお礼状を送ることもかまいませんが、上司などの目上の方には、形式のあるきちんとしたかたちで送ります。

中学校・高校・大学の入学祝いでは、本人にお礼状を書かせるようします。これから始まる新生活に向けて、抱負や目標などの言葉もお礼と一緒に表現することで、感謝の気持ちがより伝わります。

スポンサーリンク

親が書く場合のお礼状の例文

拝啓 吹く風も柔らかな季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 この度は、○○の小学校の入学祝いをいただき、ありがとうございました。お二人の温かいお心遣いに感謝しております。
 ○○は、いただいた△△をががとても気に入ったらしく、毎日学校で使っております。友達もできた様子で、楽しそうに学校へ通っております。
 近いうちにお礼かたがたお伺いしたいのですが、ご都合はいかがでしょうか。皆様にお会いできますことを、楽しみにしております。
 花冷えの頃は体調を崩しやすいので、どうぞご自愛ください。
                                 敬具 
平成○年○月○日

本人(子供)が書く場合のお礼状の例文

 ○○おじさん、○○おばさん、元気に過ごしていますか。
 先日は、中学校の入学祝いをいただき、ありがとうございました。
 僕はテニス部に所属したので、いただいたお祝いでテニスラケットを購入しました。中学校での3年間、これから精一杯努力をして、レギュラーを目指して頑張りたいと思っているので、応援してください。
 夏休みには、○○おじさんと○○おばさんのところに遊びに行くので、学校生活の話も楽しみにしていてくださいね。
 テニスラケットは、大切に使わせてらうね。ありがとうございました。
                                 ○○(署名)

スポンサーリンク