お中元・お歳暮・お年賀のお返しマナー

お中元

日本には日頃から、お世話になっている方へ感謝の気持ちを伝えるために、「お中元」「お歳暮」という贈り物を贈る風習があります。ここでは、お中元、お歳暮のマナーについてまとめています。

スポンサーリンク

お中元・お歳暮が送られてくる時期

イラスト暑い夏の時期に送る贈り物をお中元といい、送る時期は関東と関西によって多少違いがあるようです。

関東では「7月初旬から8月中旬」、関西では「7月下旬から8月中旬」の時期に送るとされています。

お正月前の寒い時期に送る贈り物をお歳暮といい、「12月中旬から下旬」の時期に品物を送ります。

お中元とお歳暮の違いは特にないですが、1年を締めくくる時期に贈られるお歳暮の方が、高価な品物を選ぶ方が多いようです。

お年賀とは

お正月
お年賀とは、新年の挨拶の変わりに贈る品物と現在はされていますが、本来は新年の挨拶回りをする際に、年神様を祀る神棚や仏壇にお供えする物とされていました。

お年賀を贈る時期は、地域によっても違いがありますが、一般的に1月1日~1月6日の「松の内」の時期に贈るとされています。

お年賀は、お中元やお歳暮と違って、郵送でいただくものではなく、お土産などのように直接頂くものです。

お中元やお歳暮、お年賀には、挨拶以外にもお互いの安否を確認し合う意味もありますので、互いに様子を伝えるようにしましょう。

お返しは必要なの?

お歳暮やお中元は、相手にお世話になった感謝の気持ちとして、また今後も変わらずお付き合いをお願いする挨拶として贈るものですから、基本的にお返しは不要です。

同僚や友人、兄弟など、普段から仲良くしている方から、お中元やお歳暮をもらったら、同じくらいのものをお返ししたほうがよいでしょう。

お年賀をいただいたときも、お返しは基本的には必要ありませんが、代わりとして料理でおもてなしをしたり、お子様がいる方にはお年玉をお渡しされてもよいですね。

自分や相手が喪中のとき

お中元やお歳暮は、感謝の気持ちを伝えるもので、祝い事の贈り物ではありません。ですから、相手や自分が喪中のときでも、失礼にはならないのです。

ですがお年賀には、新年を祝うというお祝いの意味があるので、お年賀に熨斗をかけて品物を持参するのは避けましょう。手土産としてお渡しするか、1月8日以降に寒中見舞いとして持参されるのがよいでしょう。

どちらの場合でも、事前に相手に連絡をして伺うようにしましょう。

お礼状を出す時期

椿の花先方は、品物が無事に届いたかどうか気にかけていますので、お中元やお歳暮が届いたらすぐに、電話やお礼状を出して品物が届いたことを報告しましょう。

友達や同僚、身内には、電話でお礼を伝えるほうが直接声が聞けて嬉しいことでしょう。

目上の方や取引先の方には、お礼状を書くようにしましょう。お礼状は、できるだけ3日以内に出すようにしてくださいね。

御中元や御歳暮には、日頃からの感謝の気持ちを伝えるということだけでなく、相手が元気に過ごしているか安否を確かめ合うという意味もありますので、近況報告するとよいでしょう。

上司や目上の方など改まった人には、封書でお礼状を出すのがマナーですが、お中元やお歳暮の場合は、はがきを利用してもかまいません。

お中元・お歳暮・お年賀のよくある質問Q&A