お中元・お歳暮・お年賀のお返しマナー

お中元日頃からお世話になっている方に、感謝の気持ちを伝えるために、お中元・お歳暮・お年賀などの風習が日本にはあります。

お中元は、暑い夏の時期に贈る品物
お歳暮は、寒い時期に贈る品物
お年賀は、新年のご挨拶として贈る品物

これまでの感謝や、 今年一年間の感謝、これからのお付き合いをお願いする気持ちを込めて、品物として贈るものです。ここでは、お中元やお歳暮、お年賀をいただいたときのお返しについてまとめました。

お礼状を出す時期

椿の花先方は、品物が無事に届いたかどうか気にかけていますので、お中元やお歳暮が届いたらすぐに、電話やお礼状を出して品物が届いたことを報告しましょう。

友達や同僚、身内には、電話でお礼を伝えるほうが直接声が聞けて嬉しいことでしょう。

目上の方や取引先の方には、お礼状を書くようにしましょう。お礼状は、できるだけ3日以内に出すようにしてくださいね。

御中元や御歳暮には、日頃からの感謝の気持ちを伝えるということだけでなく、相手が元気に過ごしているか安否を確かめ合うという意味もありますので、近況報告するとよいでしょう。

上司や目上の方など改まった人には、封書でお礼状を出すのがマナーですが、お中元やお歳暮の場合は、はがきを利用してもかまいません。

お返しは必要なの?

お歳暮やお中元は、相手にお世話になった感謝の気持ちとして、また今後も変わらずお付き合いをお願いする挨拶として贈られてくるものですから、基本的にお返しは不要です。

しかし、目上の方から送られてきたときや、お返しした方がいいのでは、と思うときにはお中元やお歳暮を贈りましょう。

お年賀もお返しは基本的に必要ありませんが、代わりとして料理でおもてなしをしたり、お子様がいる方にはお年玉をお渡しされてもよいですね。

お返しするならいつなの?

お中元やお歳暮の時期には、地域によって違いがありますので、その地域の期間に合わせて贈るように手配します。遠い地域への配送は日数がかかるので、余裕をもって届けるようにしましょう。

お中元の時期

 北陸(7月1日~7月15日地域によって異なる)
北陸でも7月と8月で、地域によりお中元を贈る時期が多少異なります。
石川県の金沢市では「7月1日~7月15日」の期間に贈るようですが、同じ石川県でも能登町では「7月15日~8月15日」に贈ることが多いようです。

 北海道・東海・関西・中国・四国(7月中旬~8月15日)
北海道・東海・関西・中国・四国の地域では、お中元を贈る時期は「7月中旬~8月15日」に贈る方が多いです。

 関東・東北(7月1日~7月15日)
関東と東北のお中元の時期は他の地域に比べると短く、「7月1日~7月15日」に贈るのが一般的です。そのため、6月15日前後から発送を始めるなど、地域に近年ではお中元の時期が早まっているところもあるようです。

 九州(8月1日~8月15日)
九州のお歳暮の時期は遅く「8月1日~8月15日」と期間も短いので、地域によっては7月中に贈るなどお中元時期を早めているところもあるようです。

 沖縄(旧盆の3日間・毎年日付が変わる)
沖縄は、旧盆にあたる3日間がお中元の時期といわれていますが、新暦のお盆の時期と日付が毎年違うため、お中元の時期はその年によって変わります。

お歳暮の時期

本来のお歳暮の時期は、12月13日~12月20日といわれていますが、現代では

 関西では正月事始めの12月13日~12月31日まで
 関東では12月初旬~12月31日
 沖縄では12月初旬~25日頃
 その他の地域12月10日以降~12月20日頃

と、地域によって若干異なります。

近頃は、11月のうちからお歳暮の準備を始め、11月末に発送する方も増えているようです。

お歳暮は、12月31日までとされていますが、実家に帰省したり旅行に出かける方もいるため、時期があまり遅くなると迷惑になってしまいます。

できるだけ12月20日ごろまでには届くようにするほうが無難です。

お年賀の時期

正式には、お正月の1月1日~3日に年始の挨拶の品として持参するのがお年賀です。
地方によっては、お年賀は松の内(関東では1月7日まで、関西では1月15日まで)と呼ばれるごろまで、それを過ぎると「寒中見舞い」となります。

時期を逃してしまったら

 お中元の時期を逃がしたら
暑中見舞いや残暑見舞いとして8月25日頃までには届くように贈ります。お中元として購入したものを送っても問題はありません。

 お歳暮の時期を逃がし年内に遅れなかったら
訪問できる相手には、お正月の(松の内)までに「お年賀」で挨拶に伺います。
お年賀は目下の者が目上の者へ贈るのが一般的で、直接手渡しするもので、郵送はできません。

松の内は関東では1月7日まで、関西では1月15日までとなっています。

郵送で送る相手には、2月4日「寒中見舞い」として、贈るほうが良いでしょう。

お中元・お歳暮・お年賀ののしと書き方

お歳暮ののし紙
紅白蝶結びの水引を選び、熨斗の表書きは「御礼」とします。

 熨斗紙の上 書き方
「お歳暮」または「御歳暮」
「お中元」または「御中元」
「御年賀」「新年御挨拶」「御年始」「賀正」

 熨斗紙の下 書き方…「本田」「本田 巧」
贈り主の姓またはフルネーム

喪中のときのお返し

新年の挨拶でもあるお年賀は、新年を祝うという意味があるので喪中の時には避けるようにします。

日頃、お世話になっている方へ贈るお中元やお歳暮は、自分や相手が喪中のときでも問題はないですが、マナー気をつけることもあります。

今回は、喪中のお中元やお歳暮について、注意点などをご紹介します。

相手が喪中のとき

菊の花

喪中のときは、お年賀は避けますので、手土産としてお渡しするか、松の内明けに寒中見舞いとして持参されたり、郵送されるのががよいでしょう。持参されるなら、事前に相手に連絡をするようにしてお伺いしましょう。

 松の内:関東では1月7日まで、関西では1月15日まで

お中元やお歳暮は、相手や自分が喪中のときでも失礼にはなりませんが、相手が忌中のときは控え、忌明けに贈るのが無難です。

 忌明け:仏式では四十九日、神式では五十日を過ぎ

自分が喪中のとき

新年を祝うお年賀は、喪中のときは避けるようにしますが、自分が喪中のときでもお中元やお歳暮を贈ることに問題はありません。

もし忌中明けを待ってお中元の時期が過ぎた場合は、暑中見舞いや寒中見舞いとして贈ります。

また、お歳暮の時期が過ぎてしまったのなら、「寒中お見舞い」として贈ります。年明けに贈る場合、松の内が明けてから贈るようにしましょう。

 松の内:関東では1月7日まで、関西では1月15日まで

喪中のときののし

のし紙を無地の奉書紙か白い短冊にして送るようにします。

通常「お中元」「お歳暮」とのしは、のしと紅白の水引が印刷されたものですが、どちらもお祝いの気持ちを表すものなので喪中にはふさわしくありません。

品物を買いに行ったときに、自分が喪中であることをお伝えすれば対応してくれます。

お礼状の書き方と例文/文例

お礼状を書くことで、会社の同僚や部下、親戚や友人など、相手に感謝の気持ちを伝えることができますが、書き方次第では非常識ととらえられることもあります。

お礼が遅くなったときなどは、残暑見舞いや寒中見舞いのはがきに兼ねず、お礼状にお詫びの気持ちを書いてだすようにしましょう。誠意を伝えることが大切です。

ここでは、実際に使える文例を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お中元・お歳暮・お年賀のお礼状の書き方と文例/例文

お中元・お歳暮・お年賀のよくある質問Q&A