好感度がUPする!バレンタインのお礼メール「例文」

ハートの花束の画像
バレンタインデーにチョコレートをもらったら、直接お礼を伝えるのはもちろんですが、職場の上司や部下、取引先には、今後もお付き合いがありますので、後でお礼のメールを送ったほうがよいでしょう。

家族や彼女、親しい友人であっても、お礼のメールをもらって嫌な気はしないので、日ごろの感謝を込めてメールで伝えるのもよいと思います。

職場などでは、大袋入りのチョコレートを2、3個を、義理チョコとして配る女性もいますが、このような場合は直接「ありがとう」と伝えるだけでいいでしょう。

500~1000円ほどのものなら、後でメールでお礼を伝えた方がいいもしれません。

お礼のメールは当日が遅くても翌日には送るようにしてくださいね。

手作りチョコをもらったら・・・

お菓子作りが得意で、友チョコとして手作りを渡す人もいるし、本命として手作りチョコを渡す人もいます。

バレンタインデーに手作りチョコをもらったら、チョコの味や見た目などの感想など、お礼と一緒に伝えると喜んでくれることでしょう。

ただ、本命でない女性から手作りチョコをもらった場合、熱心なメールやラインを送ってしまうと勘違いされることがありますので、シンプルにお礼を伝えるとよいでしょう。

お礼メールの書き方ポイント

  • お礼・感謝の言葉(手作りチョコへの感想)
  • 相手を気遣う言葉やねぎらいの言葉
  • 今後のお付き合いをお願いする言葉

バレンタインデーのお礼のメールは、ビジネスでは今後のお付き合いもありますので、丁寧な文章で簡潔に伝えるようにしましょう。

本命なら、これを機会にお誘いのメールを送るのもいいかもしれませんね。友達には普段接する感じで、お礼のメールを送るとよいでしょう。

ビジネス(上司、部下、同僚、取引先)へのお礼 例文/文例

メールを送るサラリーマン

 取引先へ

お世話になっております。
先日のバレンタインデーには、美味しいチョコレートをありがとうございました。
いつもお心遣いいただきまして、誠に感謝しております。
なお一層の努力をしてまいりますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

 上司へ

お疲れ様です。
先ほどは、バレンタインデーに温かいお心遣いを頂きありがとうございました。
早速、頂いたチョコレートを美味しくいただきました。
いつもお忙しい中、貴重なお時間を割いていただきありがとうございます。
今後もご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、ご指導よろしくお願いいたします。

 

 部下へ

お疲れ様です。
先日のバレンタインデーのチョコレート、おいしかったです。
いつもお気遣いをいただき、ありがとう。
毎日頑張っている様子を見ていると、とても頼もしく思います。
また、無茶をいうこともありますが、よろしくお願いします。

 

 同僚へ

お疲れ様~
バレンタインのチョコレート、すごくおいしかったよ。
仕事やプライベートのことも、いつも相談にのってくれてありがとうね。
感謝しています。これからも一緒に頑張っていこう!

家族や彼女へのお礼 例文/文例

メールをみて喜ぶ女性

 妻へ

〇〇はお菓子作りも料理も上手だね。
バレンタインの手作りチョコレート、これもすごくおいしかった!
そして、家族のためにいつもありがとう。
頑張っていて尊敬できる妻です。これからもよろしくね。

 

 彼女へ

手作りのチョコレート、すごく可愛くできていたし美味しくて驚いたよ!
いつもありがとう。
優しくて気配りができて、笑顔も可愛い〇〇が大好きです。
これからも隣にいさせてね。

友達・先輩へのお礼 例文/文例

メールをみて笑う男性

 友達へ

今年のチョコもおいしかったよ!
仕事で疲れてても、〇〇の面白い話にいつも笑顔になります!
お互い、体に気を付けて頑張ろうな。
ホワイトデー楽しみにしててね。

 

 先輩へ

いつも元気で明るい〇〇先輩!
チョコレートありがとうございます。美味しくいただきました。
誰にでも優しくて頼りになる憧れの先輩です!
またご飯でも食べながら、いろんな話聞かせてくださいね。

スポンサーリンク