新築・引越祝いのお返しマナー

新築祝い

新築祝いや引越し祝いでは、祝い金、食器やキッチン用品、観葉植物やおしゃれなインテリア雑貨など、お祝いをもらうことがあります。

新しい生活を応援してくれる方から、新築祝いや引越し祝いをもらったときの、お返しについてまとめています。

スポンサーリンク

新築・引越し祝いのお返しの基本

新築・引越し祝いのお返しの時期

ホームパーティー
新しい家にお世話になった方をお招きしてお披露目すること、新築の家で食事会などをひらき、おもてなしすることが、お祝いをいただいた方へのお返しとなります。

新築披露のときに招待した方へ、お土産としてお菓子や記念品など、内祝いを用意される方もいますが、おもてなしをすることがお返しとなりますので、改めて内祝いを贈る必要はありません。

新築のお披露目会や食事会を開く時期は、引越しもおわり落ち着く1~2ヶ月頃がよいでしょう。お昼の明るい時間に新築をお披露目しましょう。

お披露目会では、お祝いでいただいた品は、招待した皆さんの見えるところに飾ってくださいね。

お祝いをもらった方が来られなかったときや、高額なお祝いをもらって、招待だけではたりないかな?と思うときには、内祝いを送るようにしましょう。

引越しの手伝いをしてくれた方へのお返しは必要?

引越し業者

親戚や友人が引越しを手伝ってくれたときは、当日引越しが終わった後、現金や商品券などでお礼をしてもよいし、皆さんに食事をご馳走されてもよいです。

また、業者に引越しを頼んだときでも、飲み物やお菓子など、ちょっとしたものをお礼としてお渡ししましょう。

新築・引越祝いにおすすめのお返し・内祝いとは?

イラストタオルや洗剤などの消耗品は定番で、いくつあっても困らないためお返しには喜ばれます。食器やグラスも新築や引越しにまつわるものとして、お返しには人気があるようです。

商品券でのお返しは金額がはっきりわかってしまうため、品物でお返しされる方がよいかと思います。

高額のお祝いをいただいた場合、お返しの品に悩むところです。内祝いの品もそれなりよいもの贈りたいですし、相手の好みに合わすのは難しいところです。そのようなときには、カタログギフトでお返しをして相手に好みのものを選んでいただくとよいかもしれませんね。

灰皿などの火を連想させるものは、新築や引越し祝いでは縁起が悪いので、お返しには避けたい贈り物です。

こちらでは、新築・引越し祝いに人気のあるギフトを紹介していますので、参考にしてくださいね。

 新築・引越し祝いのお返しギフト特集