退職祝いのお礼状の書き方と文例/例文

イラスト
退職祝いのお礼状には、元気に過ごしているという近況報告や、相手のことを気遣う思いやりのある文章で、温かなお礼状になるようにしましょう。形式にこだわらず、自分の言葉で表現するとよいでしょう。

スポンサーリンク

定年退職祝いへのお礼の文例(取引先へ)

拝啓 早秋の候、皆様には益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
 先日は私の退職に際し、お心のこもったお手紙とお祝いの品を頂戴し、心より感謝いたしております。
 この度、○月○日をもちまして△△△を定年退職致しました。在職中は公私にわたり何かとお世話になり、誠にありがとうございました。皆様の温かいお心遣いは、いつまでも忘れることはできません。今後は、健康で充実した毎日を過ごせるように、心がけてまいりたいと思います。
 今後とも、変わらぬご指導ご厚誼を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 末筆でございますが、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしますとともに、厚くお礼申し上げます。

敬具

平成○年○月

寿退社をしたときのお礼状の文例(職場の方へ)

拝啓 初春の折、○○部の皆様、お元気でご活躍のことと存じます。
 先日は、皆様からの温かいお手紙とお祝いの品をいただき、誠にありがとうございました。
 この度、結婚を控え準備のために退職することとなりましたが、○○年間無事に勤務できましたのも、諸先輩方や同僚達のご教示、ご支援、励ましのお陰と思っております。暖かいご指導とご厚情によるものと深く感謝致しております。
 皆様からいただいた温かいお言葉を胸に、今後は二人で笑顔にあふれる幸せな家庭を築いていく所存でございます。
 お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
 まずは書中にて、御礼とご挨拶を申し上げます。

かしこ

平成○年○月○日

一身上の都合により退職した場合のお礼状の文例

拝啓 早春の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、私ごと 一身上の都合により、○月○日付をもちまして、△△会社を退職いたしました。
 在職中は、公私共に大変お世話になり、誠にありがとうございました。○年間という短い期間でしたが、未熟な私を温かく迎えてくださって、皆様方にはとても感謝いたしております。
 今後は、△△会社での貴重な経験を活かし、歩んでいきたいと思っております。今後も変わらぬご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。
末筆ではございますが、皆様のご健康とご活躍を祈念し厚くお礼申し上げます。

敬具

平成○年○月

スポンサーリンク