入園・入学祝いのお返しマナー

ランドセル
入園・入学は、子供の身体の成長だけでなく、これからお兄さんやお姉さんになるという、子供たちの心にも変化があります。

また、生活も大きく変わる時期で、これから社会に出るための第一歩を踏み出します。入園・入学を「おめでとう!」「がんばれ!」と、一緒に祝ってくれた両親や祖父母、友達に、感謝を伝えましょう。

スポンサーリンク

入園・入学祝いの内祝い・お返し

小学一年生

子供のお祝い事に、内祝いやお返しは基本的に不要といわれています。

子供のいる兄弟や友達など、親しい関係である人とは、「お互いに内祝いやお返しはなしにしようね。」と決めている方もいるようです。

入園・入学祝いをあげていない人からお祝いをもらった場合は、今後の付き合いも考えると、内祝いやお返しをした方がよい場合もあります。あなたとのお付き合いの関係の深さによって、判断するようにしましょう。

また、兄弟などの身内からお祝いがもらえることを当たり前と思わず、きちんとお礼は伝えましょうね。お返しはいらないからといわれたら、お中元やお歳暮を利用してお返しされるのもよいでしょう。

自宅に遊びに行く機会を利用して、「美味しいケーキをみつけたから」と、手土産としてお返しされるのもよい方法ですよ。

高額なお祝いをもらったら?

 入学祝いでは、両親から高額なお祝いをもらう方も多いはず!「お返しはいらないからね!」といわれることもありますが、感謝していることを伝えるようにしたいですね。

そのようなときは、家族で揃って食事をしたり、入学の記念に残るような物をプレゼンととしてお返しすると、きっと喜んでいただけます。「ありがとう」という気持ちが大切ですから、金額にこだわる必要はありません。

子供のいない夫婦へのお礼状はどうする?

 子供ができなくて、辛い思いをしているご夫婦もいるし、子供ができないから、甥っ子や姪っ子がかわいくてしかたがない!というご夫婦もいます。

子供がいない方にお礼状を送るときは、相手が嫌な気持ちにならないように、言葉を選ぶようにしましょう。

嬉しい素直な気持ちを文章に表すことは大切ですが、辛い思いをしているご夫婦に、はしゃいだ文章はよくありません。思いやりのある温かいお礼状になるように、配慮するようにしてくださいね。

兄弟や、子供を可愛がってくれるし親しい関係の方なら、子供から直接電話で「ありがとう」とお礼を伝えさせたり、子供からの手紙があるだけで嬉しいものです。これから社会へ踏み出すお子様も、自然とマナーが身に付きますね。

お返しの時期と金額の相場

入園祝いや入学祝いは、一般的にお返しは不要といわれていますが、場合によってはお返ししたほうがよいときもあります。お返しするのであれば、時期はお祝いをいただいてから、1ヶ月以内に贈るようにしましょう。
さくら
また、入園や入学祝いのお返しの金額相場は、いただいたお祝い金額の1/3から半額が目安となりますが、しっかりとお返しすることで逆に相手に気を使わせてしまうことがあります。

地域の風習や相手との関係性によって、お返しの金額を決めるようにしましょう。

熨斗の書き方

入学内祝いののし紙
水引は、紅白の蝶結びを選びます。入学祝いも子供の御祝なので、熨斗に書く名前は、子供の名前になります。

 熨斗の上 書き方
「内祝」「入学之内祝」「御礼」
 熨斗の下 書き方
「春奈」「○○ 春奈」(中学や高校では、姓名を書くようにしましょう。)

入園・入学内祝いのギフト

お返しを渡す子供

地域によって入園・入学の祝い事には違いがありますが、近所の方にお祝いをいただいた場合、紅白饅頭やお赤飯を内祝いとして贈るところもあります。

子供のお祝いには基本的にお返しは必要ないので、逆にお返しすることで気を遣わせてしまうこともあります。そのようなときは、気持ち程度のものを内祝いやお礼としてお返しされるとよいでしょう。

両親などの身内から高額なお祝いをいただいたとき、お返しの金額にこだわるよりも、相手が喜ぶものを選んでお返しされるとよいですよ。子供の入園・入学の写真のアルバムなど、記念に残るものが喜ばれるのではないでしょうか。

職場や友人などからお祝いをいただいたときは、菓子折りやタオルなど無難な物が適切です。入園・入学内祝では、品物にこだわるよりもお祝いをいただいた方へ、感謝とお礼を相手に伝えることが大切です。

身近な方なら、お子様と一緒に電話や手紙でお礼をされると喜ばれます。あなたとの関係によって、それそれに合ったお返しをされるとよいでしょう。

ランキングで人気のある内祝いとは!?

髙島屋の入学内祝い高島屋の入学内祝い
ボタン

大丸松坂屋の入学内祝い大丸の入学内祝いボタン

髙島屋や大丸松坂屋では、どんな相手にも喜んでいただける上品なギフトが購入できます。入学内祝いで人気のギフトは、「有名なお店のスイーツ」「ブランドのタオルセット」などは、いつもランキングでは上位です。

食べ物や日用品などの消耗品は、年齢層に関係なくもらっても困るものではないですから、無難ですが内祝いやお返しには人気があるのでしょう。両親などの親しい方へお返しをするなら、名入れギフトも入園や入学の特別な記念となるので、喜ばれることでしょう。

こちらでは、サービスが充実している通販や送料無料のところ、メディアに搭載された人気のギフトが購入できます。

内祝い・お返しギフトのランキングも、それぞれの通販店で紹介していますので、ぜひ参考にされて喜ばれる入園・入学祝いのお返しギフトを選んでくださいね。

お礼状の書き方と例文集

入園・入学祝いでは、本人がまだ幼いときは保護者がお礼状を書きましょう。子供が喜んでいることを伝えると、喜ばれることでしょう。

 入園・入学祝いお礼状の例文集