今さら聞けない!内祝い・お返しのQ&A  

イラスト
目上の方や職場の上司、同僚や親しい友人など関係性によって、内祝いやお返しの品物の選び方やマナーには違いがあります。

状況に応て臨機応変に心がけるように、相手に喜ばれる内祝いを贈りましょう。

スポンサーリンク

内祝い・お返しのQ&A

内祝い・お返しの、よくあるお悩みの解決方法をまとめています。相手に喜んでもらえる内祝いにするために、マナーをしって感謝の意を伝えましょう。

内祝いが届いたか心配!お礼の電話やお礼状は必要ないの?

 近年では、内祝いはお返しととらえるのが一般的となってきており、お返しに対してわざわざお礼の連絡をする必要はない、という方も多くいるようです。

荷物を送った方は、ちゃんと荷物が届いたか心配しているので、電話やメールで届いたことを知らせてくれると助かりますよね。

お返しだからお礼は必要ないという方もいますが、荷物が届いた報告やご面倒をおかけしたことに対してのお礼と考えれば、知らせてあげるほうがお互いに気持ちがよいものです。

考え方は人それぞれ違いますから、内祝いが届いたか心配なようでしたら、追跡サービスやお届け通知サービスを利用されるとよいと思います。

内祝いは何がいいと聞くのは失礼?

 相手の欲しいものを贈る方が、使ってもらえるし準備もらくで助かりますが、聞かれた方はお返しの金額を気にして悩んだり、お返しはいらないからね、と遠慮する方もいることでしょう。

「何がいい?何が欲しい?」と聞くのは、逆に相手に気を使わせてしまいますから、内祝い選びに悩んだら、カタログギフトを選ばれるとよいかもしれませんね。

食品やおもちゃ、日用品などの中から選べるカタログギフトなら、独身の方にも家族やお子様のいる方にも、相手が好きなものを選ぶことができるのではないでしょうか。

お祝いとお返しの品をまとめて贈るのはだめ?

 例えば、出産祝いをくれた方がご結婚され、お祝いとお返しの時期が同時になるというケースがあります。

お返しとお祝いを別々に贈ってしまうと、相手に気を遣わせるから、まとめたほうがよいのでは?と悩まれる方もいるようですね。

しかし、内祝いと結婚祝いでは意味合いが異なり、気持ちも違うわけですから、別々に準備されたほうがよいでしょう。お渡しするときは、同時にまとめて送るのはよいと思います。

結婚祝いと出産祝いを同時にもらったときのお返しはどうする!?

 別々に結婚祝いと出産祝いをもらったときは、内祝いも別々に贈る方が丁寧です。熨斗の表書きは、結婚内祝いでは「夫婦連名」にし、出産内祝いは「赤ちゃんの名前」を書きます。

一つにまとめてお祝いをもらったら、まとめて「内祝」としてお返ししてもよいでしょう。そのようなときは、熨斗の名前を「夫婦連名」にし、メッセージカードやお礼状に、赤ちゃんの名前や性別、様子などを書いて、無事に出産し家族が増えたことを伝えましょう。

「お返し不要」と言われたら、お返しはいらない?

 少額のお祝いに対してお返しをすると、逆に相手が気を遣うことがありますから、そのようなときには食事に誘ったり、どこかへ出かけたときお土産としてお渡ししたり、さりげなくお返しするとよいでしょう。

両親からのお祝いなら甘えるのもよいと思いますが、高額のお祝いでしょうから日頃の感謝を伝えるためにも、食事をご馳走したり産まれた赤ちゃんを連れて手土産を持って遊びに行ったり、金額にこだわることなくお返しされてはどうでしょう。

親戚や上司などから「お返し不要」といわれたら、まわりの方に相談してきめられるとよいでしょう。

会社や団体からの祝い金や見舞金のお返しはどうするの?

 いただいたお祝い金やお見舞い金が、どこから出たのかによりますが、会社の規定などで定められたものなら、お返しは必要ないでしょう。

心配なようでしたら、総務や経理に相談してみてくださいね。

お祝いやお見舞金が、同僚や有志一同、グループなど、個人的にいただいたものならお返しは必要です。

お祝いをもらっていない人にも内祝は必要?

 本来の内祝いは、嬉しい気持ちを皆さんにお裾分けしたいから、という意味合いで、お祝いをもらっていない方にも内祝いをお配りしていました。

今でも、赤飯や紅白万頭などを内祝いとして配る地域もありますが、近年では、内祝いはお祝いのお返しとするのが一般的っとなっていますから、お祝いをもらっていない方に内祝いを送ると、催促されていると気分を悪くされる方もいるようです。

例えば、出産でお世話になった方や、仕事などで迷惑をかけてしまった方に、お詫びとして菓子折りなどを贈りたいときは、表書きをお礼とするか、熨斗は付けないでお渡しされるほうがよいでしょう。

電話でお礼を伝えるとき、留守番電話でのお礼は失礼?

 留守電になったとき、何もいわずに電話をきってしまうのはよくありませんから、用件を手短に伝えたほうがよいでしょう。

お祝いなどが届いた報告とそのお礼も伝え、「また改めてお電話させていただきます。」と一言添えておきます。

誠意を伝えるには、直接相手と話すことが大切なので、留守番電話になったときには折り返すようにしてくださいね。お礼を留守電ですませるのは、失礼だと感じる方はやはり多いようですね。

親しい関係の上司などでしたら、電話でお礼を伝えてもよいと思いますが、改まった方にはお礼状を出す方が丁寧です。

電話をすればお礼状は送らなくてもよい?

 身内や仲のよい友人、同僚には、お礼の電話をしたほうが、声がきけるし話も弾むことでしょう。親しい関係の方には、特にお礼状の必要はないですが、親しい関係の方でも遠方に住んでおり近況がわからないときには、相手の都合もありますから、お礼状を出す方がよいでしょう。

上司や目上の方など、改まった関係の方には、お礼状を書くほうが丁寧で適しています。

電報(弔電・祝電)のみ頂いた場合、お返しは必要?

 当日、出席できない方から、電報(弔電・祝電)のみを頂いた場合には、お返しをすると逆に気を遣わせてしまうことになります。

電報(弔電・祝電)のみをいただいた方には、お礼状で伝えることが適しています。親しい方なら、電話でお礼を伝えてもよいでしょう。

電報と一緒にお祝いなどをもらったのなら、お返しはするようにしてくださいね。