七五三の内祝い・お返しマナー

七五三

子供がこれまで無事に成長したことへの感謝や、これからの健やかな成長と幸せを願う行事、七五三の内祝い・お返しマナーを説明します。

スポンサーリンク

七五三とは

七五三
七五三とは、近くの神社やお宮にお参りして、子供が何事もなく無事に育ってくれたことや、これからも元気に健康でいてくれることを願う行事です。

 男の子は、3歳と5歳
 女の子は、3歳と7歳

こときが、七五三をお祝いする年齢となりますので、神社やお寺に参詣します。数え歳が七五三の正式な年齢ですが、現代では満年齢で行われることが多いようです。

 数え歳とは、生まれた最初の日を1歳と数えます。
 満年齢とは、生まれた最初の日を0歳と数えます。

なぜ七五三は、この年齢でお祝いをするの?

 3歳(髪置き・かみおき)
髪を結うことができ櫛を付けたりできる時期
 5歳(袴着・はかまぎ)
袴をはじめて着けれるようになる時期
 7歳(帯解・おびとき)
着物を着て帯を付けることができる時期

このように昔は子供が成長し、大人の装いができるようになる年齢でもあることから、3歳・5歳・7歳の年齢のときに七五三のお祝いをするようになったのです。

兄弟がいる家庭では、どちらかの年齢に合わせてお祝いをする場合もあります。

七五三のお参りの時期はいつ?

イラスト正式には、11月15日に神社やお宮にお参りします。この日は、鬼が家にいるので安心できる最良の日といわれており、鬼宿日(きじゅくにち)といいます。

現在では、仕事の関係などで時間がとれない方も多く、11月15日前後で行う方も多ようです。

七五三のお宮参りの初穂料

御お宮

神社でお祓いをしてもらう場合は、事前に連絡をしておきましょう。一般的な神社への初穂料や玉櫛料の金額の相場は、3千円から1万円です。

神社によっては、決まった料金を設定しているところもあります。お祓いの予約をするときに、神社へお礼をする金額の確認も忘れずにしておきましょう。

初穂料と玉串料の違いとは?

 初穂料と玉櫛料は、使う場面に違いがあります。

初穂料とは、初物の農作物や魚類・初穂に代わるものを神様にお供えし、感謝の気持ちを表すという意味です。玉櫛料とは、さかきの紙垂(しで)をつけたもの「玉櫛」の代わりに神様にお供えするという意味です。

初穂料は、感謝の気持ちが強いので、葬儀には使用ができません。玉櫛料は、神道式のお葬式でも使用ができます。御守やお礼などを受けるときは、玉櫛料はあまり使用しません。

どちらも神様に捧げるものですが、使いかたに十分注意をしましょう。

初穂料の熨斗の表書き

七五三の初穂料ののし

お祓いをしてもらった場合に渡すご祝儀袋は、水引が紅白の蝶結びのものを選びますが、白封筒でもかまいません。

表書きは、熨斗の上に「御初穂料」「御玉櫛料」と書き、熨斗の名前は子供の名前を書きます。

左横に年齢を○歳と書いてもかまいません。

七五三祝いの内祝い・お返し

千歳飴
七五三でお祝いをもらったときのお返しは、地域によって違いはあるようですが基本的には不要です。

両親からお祝いをいただいたときは、家族で一緒に食事をするなどして、お返しされるとよいですね。また、記念に写真撮影をしたのなら、その写真とお子供様からの手紙を同封してお渡しされると、きっと喜ばれることでしょう。

親戚などから七五三のお祝いをもらったときは、気になるようでしたらお返しをしましょう。現代では、内祝いとして千歳飴や赤飯、菓子折りなどでお返しをされる方が多いようです。

千歳飴は地域によって多少違いがあるようですが、紅白に着色され鶴亀や松竹梅の千歳袋に入っています。子供の長寿を願う思いが込められているため、細長いかたちになっているんだそうです。

スポンサーリンク



内祝い・お返しの時期と金額の相場

七五三のお祝いをいただいた方へ内祝いを贈るのなら、時期は当日から1週間以内にお渡しします。このとき、七五三の一般的なお返し金額の相場は、1/3から半返しが目安となります。

会食を開いて引菓子を用意するのであれば、食事がお返しとなるので金額にこだわる必要はなく、お土産程度でよいでしょう。

のしの表書き

七五三の熨斗紙

七五三では、水引は紅白の蝶結びを選び、のしの表書きは「内祝」「御礼」とします。のし紙に書く名前は子供の名前です。

 上のしの書き方「内祝」「御礼」
 下のしの書き方 「春奈」(子供の名前)

お礼状の書き方と例文集

七五三祝いのお礼状には、お礼状に晴れ姿でとった写真を添えると喜ばれますが、写真館でとったような大げさな写真には控えるようにしましょう。ここでは、両親や親戚へ贈る七五三祝いのお礼状文例集を紹介しています。

 お礼状の書き方と文例集