内祝い・お返し金額の相場はどれくらい?

金額のわからないお祝い

品物をお祝いでもらったとき、いくらするものかわからないときや、高額のお祝いをもらったときなどは、お返しの金額がどれくらいになるのか悩みます。このページでは、内祝いやお返し金額の相場について説明しています。

スポンサーリンク

一般的に目安とする金額の相場

お祝いをいただいた方へ内祝いやお返しをする場合、一般的に目安としては、「半返し~1/3」の金額が相場といわれています。必ずしも、半返しをしなくてはいけないという決まりはありませんので、無理をする必要はないでしょう。

高額な祝い金へのお返し

高額の結婚祝い
高額なお祝いをくださる相手は、親戚や祖父母、ご両親などの身内が多いと思います。ご両親から「お返しはいらないからね」といわれる場合もありますが、日頃からの感謝も含めてお礼として気持ちを伝えるのもよいと思います。

金額が高額にもなると、半返しでお返しや内祝を贈るのは大変ですから、このようなときは金額の相場にこだわらず、気持ちを大切にしたお返しの方が、喜ばれるのではないでしょうか。

また、お祝いをもらいすぎてしまったとき、お返しはどうすればよいのか悩んでいる方もいるようですね。

お祝いをもらいすぎてしまったときや祝い金が高額だったきは、引き出物や内祝いの他に品物を渡すのは少し不自然ですから、新婚旅行のお土産やアルバム、写真などを持って、直接お伺いすると喜ばれるのではないでしょうか。

お祝いをくれた方が親戚など関係の近い人なら、ご両親に相談してみてはいかがでしょう。

連名でもらったお祝いへのお返し

イラスト
友人や職場などから、連名でお祝いをいただく場合があります。連名でいただいたお祝いに対して、お返しの仕方に決まったルールはありません。

職場から連名のお祝いをもらったなら、お返しはお菓子などみんなで分けられるような物がよいでしょう。また、個別で内祝いを贈りたいのであれば、連名でいただいたお祝い金額の、半返しまたは3/1を目安に内祝いを贈るようにします。

全員にまとめて贈るか個別に贈るかは、その場に応じて対応しましょう。

内祝いを専門に扱う通信販売店には、ハンカチやタオル、お菓子など、少額のプチギフトもありますから、内祝いの参考にしてくださいね。

配送料はお返しの金額に含まれる?

内祝いやお返しの金額は、いただいたお金や品物に対しての相場になります。
先方も送料を負担されてお祝いを送っていますので、お返しを選ばれるときは、送料抜きの金額を目安にして選ぶようにしましょう。

行事別のお返し金額の相場

スポンサーリンク