結婚祝いと出産祝いを同時にもらったら時のお返しと熨斗の書き方は?

お宮参り

結婚祝いと出産祝いをまとめてもらうことがあります。結婚や出産の内祝いに掛ける熨斗には、新しい家族が増えたことをお知らせし、名前をお披露目する役目があります。

また、結婚祝いと出産祝いでは、選ぶ水引が異なりますから、それぞれに合った熨斗紙の選び方が必要です。

まとめてお返しをした方が、高価な内祝いになるかもしれませんが、お祝いを同時にもらったとしても、別々に内祝いを贈ったほうが、何に対するお返しなのかはっきり相手に伝わりますから、別けて渡すほうがよいでしょう。

スポンサーリンク



熨斗と水引きの選び方

 結婚内祝いの熨斗の書き方・水引の選び方
結婚内祝いの熨斗紙の選び方は、「繰り返さない」「一度であってほしい」という意味をもつ、紅白の結び切りを選びます。熨斗の表書きは「内祝い」として、のし下に書く名前は旦那様の姓名、左側に奥様の名前を書きます。

 

 出産内祝いの熨斗の書き方・水引の選び方
出産内祝いの熨斗紙の選び方は、「何度あってもうれしい」ということから、何度も結びなおせる紅白の蝶結びの熨斗紙を選びます。熨斗の表書きは「内祝い」とし、熨斗下に書く名前は、生まれた赤ちゃんの名前となります。

スポンサーリンク