出産内祝いの金額の相場と贈る時期

出産内祝い
赤ちゃん生まれると、慣れない育児で慌ただしい毎日になりますが、出産祝いをもらった方に内祝いを忘れることがないようにしましょう。

前もって、出産前内祝いに贈るギフトを決めたり、誰に何を贈るのかリストを作っておくとよいでしょう。このページでは、出産内祝いのお返しの相場や、贈るタイミングを紹介します。

スポンサーリンク

出産内祝い金額の相場

イラスト出産内祝いでは金額の相場は、いただいた出産祝いに対して「1/3から半返し」が一般的な目安とされています。出産祝いに、1万円の現金やお祝いの品をいただいたら、お返しの金額は5000円~3000円の内祝いとなります。

注意しなくてはいけないのが、目上の方から出産祝いをもらったとき、お返しする金額が高額になると、失礼になることがありますので気を付けましょう。

値段のわからい出産祝いをもらったときは、金額にこだわってしまうと内祝いに悩んでしまいます。こういう場合は、相場を気にせずおおよその目安で、他の方と同じ金額でお返しの品を選ばれるとよいでしょう。

また、連名で花束や品物をお祝いにいただいた場合も、1/3から半返しが一般的のようですが、このようなときには金額にこだわるよりも、感謝の気持ちやうれしさが伝わるお返しがおすすめです。

ハンドタオルなどのプチギフトを個別に贈るのもよいし、みんなで分けることができる菓子折などを内祝いとしてえらぶのもよいでしょう。

出産内祝いを贈る時期

お宮参り
出産内祝いを贈る時期は、赤ちゃんが産まれてから1ヶ月、お宮参りに行く頃を目安にしましょう。
産後は何かと慌ただしく、ママの体調が回復するまでには時間がかかります。内祝いの時期が遅くならないように、早めに準備をしておきましょうね。

出産祝いを遅れてもらったときは?

 出産祝いを遅れてもらうことがありますが、遅れたてもらったときでもお返しはするようにします。遅くなっても祝ってあげたいという相手の気持ちなので、なるべく早く内祝いを送るようにしましょう。

「遅くなったけど出産祝いも兼ねて!」と、初誕生日と出産祝いをまとめてもらったとき、お祝いの品が2,000円ほどであれば誕生日プレゼントととれますが、1万円ほどの品物であればお返しするようにしましょう。

このような場合でも、お返しには命名札を付けて出産内祝いを贈られるとよいですね。

出産内祝いの時期を逃し、お返しが遅くなってしまったら!

 お返しが遅くなったときは、お礼状にお詫びの一言を書いて贈るようにしましょう。

出産祝いは他のお祝いと違い、赤ちゃんのお世話や産後ママの体の回復が大変なことを、みなさんわかってはいても、遅れることによい気はしないものです。

「とても可愛いベビー服をありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ございません。」と一言お詫びをメッセージで伝えることで、思いやりのある内祝いになりますね。

スポンサーリンク