桃の節句や端午の節句はどんなおもてなし料理がいいの?

イラスト桃の節句や端午の節句の料理には、ぜひ縁起のよい食材を取り入れて、家族全員で子供の健やかな成長や健康、幸せをお祈りしましょう。心に残る初節句祝いのおもてなしができるとよいですね。

スポンサーリンク

ひな祭りのおもてなし料理

ちらしずし

 ひなあられ
ひなあられの桃色・緑・黄色・白の4つの色は、日本の四季を表しており、1年を通して子供の健やかな成長と、幸せを祈るという願いが込められています。

 菱餅(ひしもち)
白・緑・ピンクの3つの色は、白い雪が溶けて大地に緑の木々が芽吹き、ピンク色の桃の花が咲くという意味があります。子供が元気にすくすく成長しますように、という願いが込められています。

 白酒
白酒の本来は、桃花酒という桃の花びらの香りのするお酒でしたが、時が経つにつれて「白酒」というふうに、名前が変わっていったのです。桃は長生きの象徴で、白酒には厄除けの効果があるといわれています。

 ちらし寿司
お寿司は祝い事にもふさわしく、華やかな食卓を彩るちらし寿司は、春の訪れを感じさせるひな祭りの定番のメニューです。

端午の節句のおもてなし料理

たけのこ

 たけのこ
たけのこは成長が早く、まっすぐに空へ向かって伸びるため、子供が素直ですくすく成長するようにという願いが込められています。


語呂合わせでも有名ですが、「めでたい」と、昔から祝いの席では使われる食材です。鯛の切り身は縁起が悪いので、お頭付のものを使用しましょう。


鰹は、昔から武士が勝男といって好んで食べていた食材です。また鰹節は、鰹夫婦節ともよばれ、いつまでも仲の良い幸せな夫婦になれますようにと縁起がよいとされてます。


多くの魚の中で、鯉だけが急流を天に向かって駆け登り竜になった、と中国では縁起がよいといわれています。どんな困難にも負けない、耐える力を持つ立派な人になってほしいという願いが込められています。

この他にも、ブリなどの出世魚も縁起がよい食材として使用されます。

スポンサーリンク