結婚内祝いの熨斗(のし)の書き方・水引の結び方

イラスト結婚のお祝いは一度だけでよいことなので、内祝いの水引は結び切りを用います。本来の水引の本数は奇数とされていますが、婚礼のお祝いでは喜びが重なるとという意味で、10本を使用します。

また、手の指が5本であるため「夫婦が手と手を取りあう」という意味もこめて、10本の水引を使用します。

のしに名前を書くとき「新郎が右」「新婦が左」になりますが、婿養子の場合は「新婦が右」「新郎が左」になります。

スポンサーリンク

結婚内祝いのしの表書き・名前の書き方

結婚内祝いの熨斗
以前の結婚内祝いでは両家の姓を書くことが一般的でしたが、最近では夫婦連名でお返しをすることが増えています。夫婦連名で贈る場合、姓をいれるのなら旧姓ではなく新姓をのしの名前に入れるようにします。

 のし紙の上 書き方
「内祝」「寿」
 のし紙の下 書き方
「新姓と新郎(右)」「新婦(左)の名前」

引き出物の熨斗の表書き・名前の書き方

引菓子の熨斗紙

最近では、引き菓子には新郎新婦の名前を入れることが多いようです。

 のし紙の上 書き方
「寿」「御礼」
 のし紙の下 書き方
「両家の姓」「御両家の姓+家」「新郎新婦の名前」

スポンサーリンク