法事・法要のお返しマナー

法事

遺族や親戚、友人や知人などに参列いただき、故人を偲び追善供養の儀式として行われる法要。

故人と親しかった人たちが集まり、ご冥福をお祈りするとともに食事をしながら故人との思い出を語り合う場でもあります。

参列いただいた方や、お供え物や供物料をいただいたときには、感謝の気持ちを込めてお返しを送りましょう。

スポンサーリンク

法事・法要のお返し時期と金額の相場

イラスト法要に参列いただいた方には、法要を行い会食の終わった後、僧侶から順に手渡しをして粗供養をお渡しします。(僧侶への粗供養は、一般的には必要のようです。)

また、参列できなかった方へのお返しの時期は、法事が終わって1ヶ月以内にお返しをするようにします。お供え物や供物料をいただいたら、先にお礼の連絡をするようにしましょう。

お返しには、お礼と法事が無事に終わったという報告も兼ねていますので、なるべく早い時期に送るようにしましょう。

一周忌・三回忌などに、親族や知人などをお招きして法要を行うときは、引き出物(粗供養)を用意します。法事の引き出物の相場は、いただいた金額の1/3~1/2が一般的な目安といわれています。
金額的には2,000~3,000円の引き出物が多いようです。

引き出物・粗供養にはどんなものがおすすめ?

今治タオル

画像出典:ソムリエ@ギフト

法事や法要のお返しの品は、洗剤や石鹸、タオルなどの日常でよく使われるものが多く選ばれています。お菓子や消耗品などは後に残らず消えてなくなるので、法事や法要のお返しの品にはよいといわれています。

またカタログギフトを、法事や法要のお返しとして贈られる方もいらっしゃいます。相手の好きなものを選んでいただけますし、持ち運びも楽でよいかもしれませんね。

法事・法要の水引の選び方と熨斗(のし)の表書き

法事・法要のお返しに「熨斗」熨斗はつけません。水引の結び方は、何度も不幸が起こらないように、ほどけない結び切りやあわじ結びを選びます。

法事の熨斗
「黒・白」「藍(紫)・銀」または「双銀」は、宗教を問わず使用されます。

法事の熨斗
「黄・白」は、神式やキリスト教・関西地区におもに使用されます。

蓮入りの熨斗

蓮の絵が入ったのし紙は、仏教専用の熨斗です。

 のし紙の上 書き方

 

 弔事全般
「志」:宗教を問わず、お返し全般に使用できます。
 法要・法事の引き出物全般
「粗供養」「供養志」:粗末な供養の品という意味です。
「満中陰志」:関西で多く使用されます。
他「初盆志」「○回忌志」「○日忌志」「○○忌志」故人の名前など
 神式・キリスト教
「偲び草」:神式・キリスト教で使用されます。

 のし紙の下 書き方

 

法事・法要の引き出物は、のしの下に施主名を書きます。

スポンサーリンク