お車代などのお礼(のしの書き方や金額の目安)について

ウェルカムリース

結婚が決まったら、結婚準備や当日の披露宴など、結婚式が無事に終わるまでには、たくさんの方にお世話になります。ゲストの方だけでなく、式場のスタッフ、司会者や受付をお願いした友人などには、お車代やお礼、お心づけを用意し、感謝の気持ちをお渡ししましょう。

スポンサーリンク

お礼の準備

お礼の費用は、新郎新婦それぞれがお世話になった方の分を負担しますが、新郎新婦の両方がお世話になった方には、両家で話し合い一つにまとめてお渡ししましょう。

  • 渡す方のリストを用意する
  • 新札を準備する
  • ご祝儀袋の準備をする

挙式当日は、花嫁花婿は忙しいですから、事前にお礼やお心づけの準備をして、親といつ渡すのか打ち合わせをしておきましょう。

お礼(交通費・宿泊費など)

主賓スピーチ
司会をお願いした方や、受付をお願いした方、遠方から来てくださる方などに、結婚式の手伝いをしてくれたお礼や、交通費や宿泊費などのお礼をお渡しします。

遠方の方に招待状を送るとき、相手が気をつかわなくてもいいように、「心ばかりですがお車代をご用意させていただいております」などと、カートなどに書いて招待状に同封しましょう。

そうすることでもらった相手も、それを踏まえた上で結婚式に出席できるか判断することでしょう。

また、こちらが新幹線や飛行機などのチケットや車を用意したきは、お車代を包む必要はありませんが、たとえ近距離であっても、飛行機や電車料金が発生するときは、お車代として準備するようにしましょう。

負担する金額はどのくらい!?

基本的には、交通費や宿泊費などにかかった費用は、全額を新郎新婦側が負担しますが、結婚式をされる方の中には、何かと費用がかかって、全額負担するのはしんどいという方もいます。

このような時は、相手に正直に「これだけしか用意ができません」と相談してみてくださいね。

金額の相場と渡すタイミング

 司会者
司会者へのお礼は、プロに頼んだ場合は5万円、その他の方に頼んだ場合は3万円~が相場です。司会者は、打ち合わせなど事前準備が大変なので、御祝儀をもらたときでも2、3万円以上はお渡しするようにしましょう。

司会者は食事がほとんどできないため、ご祝儀は基本的には受け取りません。結婚式が終わってから、両家の両親から渡してもらうようにしましょう。

 

 仲人・晩酌人
乾杯をお願いする方へのお礼は、ご祝儀の2~3倍が相場といわれています。また、御車代は、1万円以上お包みするようにします。

お礼とお車代は別々に用意し、高額なお礼になりますから、ご祝儀袋も格の高いものを選び、菓子折りを添えてお渡しします。

基本的には挙式が終わってから、2~3日中に新郎新婦と両家の親で自宅に伺うのがマナーですが、今は披露宴の後に部屋を準備して渡す方が増えています。

 

 主賓
主賓へのお車代は1万円以上~で、かかった交通費の1.5倍~2倍が相場です。主賓は両家から一人づつ頼むので、主賓が受付を済ませた後に、頼んだ側の親から渡すようにします。受付で渡してもらうときは、他の方にわからないように、預かっていますと声をかけて渡してもらいましょう。

 

 受付
受付をお願いした友人などには、3千円~5千円が相場です。受付が始まる前に、受付を頼んだ側の親からお礼を渡すようにしましょう。

 

 遠方の方
遠方から来てくれた方には、交通費・宿泊費の半額~全額を目安にします。親族の場合は、披露宴の合間をみて親から渡してもらうようにし、それ以外の方は受付に渡してもらうようにするか、親も知っている方なら挨拶を兼ねて親から渡してもらうのもよいでしょう。

 

 写真やビデオ撮影者・音楽演奏者
長時間にわたり撮影したり音楽を演奏したりしてもらうときは、1~3万円のお礼が必要です。新郎新婦から、挙式後か後日自宅に招いてお渡しします。

スポンサーリンク



お心づけ

花嫁さんのヘアメイク
結婚式場のスタッフやヘアメイク、介添え人などに、チップとしてお渡しするお金を、お心づけといいます。お心づけという風習があるというのを知らなかったという人や、サービス料金に含まれているからという理由で、お心づけを渡さなかったという方もいるようです。

結婚式の準備や当日の準備で長期間にわたりお世話になった方には、感謝の気持ちを込めてお心づけをお渡しするようにしましょう。

金額の相場と渡すタイミング

 ウエディングプランナー
ウエディングプランナーへのお心づけの金額は、「3千円~1万円」が相場といわれています。挙式が始まる前に、親から渡してもらうようにしましょう。

 

 式場責任者
式場の責任者には、披露宴の人数によって変わりますが、「1万~3万円」が相場といわれています。60名の披露宴で1万円が目安です。披露宴が始まるまえに、スタッフのみなさんでと一言添えて、親から渡してもらうようにしましょう。

 

 ヘアメイク・着付け
ヘアメイクや着付けをしてくれた方へのお心づけの金額は、「3千円~1万円」が相場といわれています。支度を始める前に、親から渡してもらうようにしましょう。

 

 介添人
介添人への金額は、「3,000~5,000円」が相場といわれています。挙式前か引上げ後に親から渡してもらうようにしましょう。

 

 写真・ビデオ撮影・音楽演奏など
写真・ビデオ撮影・音楽演奏などをお願いした方には、「3千円~5千円」が相場といわれています。挙式前か披露宴後に親から渡してもらうようにしましょう。

 お心づけは、結婚披露宴でお世話になった方へ帰りにお渡しするものですが、帰り際はあわただしく渡すタイミングを逃すことがあるので、披露宴の前に渡すのが最近では一般的です。

スポンサーリンク



水引の選び方と熨斗の表書き

結婚の祝い事は、一度きりであってほしいので、水引はほどけることがない結び切り(淡路結び)を選びます。

お礼やお車代が1万円以上をこえるときは、ご祝儀袋も格の高いものを選びましょう。1万円以下なら、ポチ袋でお渡しするとよいでしょう。

新札を準備し、表側が前にくるように三つ折りにして、ご祝儀袋にいれます。ご祝儀袋は糊付けし、筆ペンで名前を書きましょう。

媒酌人・仲人へのお礼・お車代

結婚祝い熨斗
媒酌人・仲人へのお礼は高額になりますので、金銀の水引を選んでもよいでしょう。また、お車代も1万円以上になりますから、ポチ袋ではなくご祝儀袋の準備をしましょう。

 熨斗の上
「御礼」「御車代」
 熨斗の下
両家の名字

主賓へのお車代

御車代

主賓への御車代は1万円以上になりますから、ポチ袋ではなくご祝儀袋の準備をしましょう。主賓は新郎側から一人、新婦側から一人なので、新郎側の主賓には新郎の名字、新婦側の主賓には新婦の名字を書きます。

 熨斗の上
「御車代」
 熨斗の下
新郎側の主賓には新郎の名字
新婦側の主賓には新婦の名字

1万円以下のお礼・お車代

御車代

金額は少額になりますので、熨斗や水引が印刷されているポチ袋を選びます。新郎がお世話になる方には新郎の名字、新婦がお世話になる方(介添人・ヘアメイク)には新婦の名字を書きます。

 熨斗の上
「御礼」「御車代」
 熨斗の下
新郎がお世話になる方には新郎の名字
新婦お世話になる方には新郎の名字

スポンサーリンク