葬儀に参列されなかった人へ、会葬御礼を渡す?渡さない?

香典の画像

遠方に住んでいたり都合で葬儀に参列できない方から、香典を郵送でもらったり代理の方が預かってこられたりすることがあります。

会葬御礼は、香典のあるなしにかかわらず、お忙しい中を通夜や葬儀に足を運んでくださった方に、お茶やのりなど500~1000円程度の返礼品と礼状を添えて、お礼の気持ちとしてお渡しするのが一般的です。

では、代理の方が香典をもってこられたとき、香典返しをするから開催御礼は代理の方だけでいいのでは?と思いますが、会葬御礼には、故人が生前お世話になったことへの感謝などが礼状に書かれていますから、代理の方へ人数分の会葬御礼をお渡しされるとよいでしょう。

ただ、職場などから一同や連盟として香典をもらった場合には、後日みんなで分けられる菓子などを会社へお持ちして、お礼をされるとよいでしょう。

弔電・供花・供物を送ってくれた方が葬儀に参列しないときは、親しい方にはお電話でもよいですが、葬儀後に礼状を郵送するようにします。

また、香典を送ってくれた方には、基本的に香典返しのときに御礼をしても問題はないですが、相手の方は、香典が届いたのかどうか心配していますから、電話で知らせたり、香典返しとは別に礼状を送るとよいでしょう。