新築・引越し祝いのお返しの金額相場と贈る時期

新築祝い

お披露目会のときにお土産として内祝いを用意するなら、新築の家に招待したことがお返しになっているので、内祝いの金額にこだわらず、簡単な記念品やお菓子などを用意するとよいです。

また、新築披露にご招待できなかった方や、高額な金額のお祝いをいただいたときには、お返しに内祝いを贈るようにします。内祝いを送るタイミングは、引越ししてから1〜2カ月くらいの落ち着く時期にお返しをお渡ししましょう。

新築祝いや引越祝いのお返し金額の相場は、お祝いをいただいた金額の半返しから1/3が、一般的な目安のようです。

しかし、目上の方から高額な金額のお祝いをいただいたとき、半返しの内祝いを贈ると逆に失礼になることがありますので、気を付けてくださいね。

引越しの手伝いをしていただいた方にも、3,000~5,000円くらいを目安にお礼をしましょう。引っ越し業者に頼んだ場合でも、3,000円くらいを目安にお礼はしたいですね。

引っ越しのお手伝いをしていただいた方には、当日引越しの終わった後に、お食事をご馳走してもよいですし、寸志として現金を渡されてもよいかと思います。業者には、ジュースやお菓子など、ちょっとしたものを用意されると喜ばれます。